PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

[続きを閉じる]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[続きを閉じる]


web拍手 by FC2拍手ボタン

| スポンサー広告 |

[--/--/-- --:--] | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

1,[年間統計]死について:死者数,自殺,変死体,未成年[2003-2013年]

[続きを閉じる]

sozai125.jpg
<<死について>>
この世では不条理なこと、自然の法則に従わないことが起きています。人間は自ら絶望・不幸・死を生み出しています。数多くの人々がこれまでに亡くなっていますが、彼らははたしてこの世界が好きだっただろうか。
以下に述べる死者数の中には、未成年の数を載せています。世の中をもっと知りたかっただろうに、亡くなってしまうという彼らの無念さを感じとれるだろう。
死者数の中には自殺者数も載せています。自殺の半分以上は中高年で、そして男性が多い。頼る人がいなくなったとき、人は絶望を感じるのだろう。
死者数の中には警察庁の扱う死体数も載せています。つながりが薄れた世の中で、孤独死が起こっています。自宅で、孤独に、静かに亡くなっています。また、死んだ状況が不可解なことが起こっており、社会の裏、闇、暗部が見えてきます。
死亡数、自殺者数、死体数、未成年の死者数、未成年の自殺者数、非犯罪死体数、変死体数、犯罪死体数から「死」を感じとれるに違いない


<<説明>>
以下の資料を参考にしています。また、専門用語は、複数のサイトに記載されているものをまとめたものになります(この記事にある説明は信用せずに、自分で判断して下さい)

①『厚生労働省の人口動態統計』
*1,日本における日本人を対象(日本における外国人、外国における日本人は含まない)
*2,「戸籍法」及び「死産の届出に関する規程」により届け出られた「出生票、死亡票、死産票、婚姻票、離婚票」から、計上(自殺、他殺、事故死のいずれか不明のときは、報告がなければ自殺以外で処理)
*3,住所地を基に死亡時点で計上

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
*1,総人口を対象(日本における外国人も含む)
*2,捜査等により、自殺であると判明した時点で、自殺統計原票を作成し、計上
*3,発見地を基に自殺死体の認知で計上

③『警察庁の死体取扱状況』
*1,「非犯罪死体」は「事故死(災害など。老人の浴室での溺死など)、孤独死(独り暮らしの老人など)、自殺、突然死(≒病死。医師の診断を得ずに突然、病気で死ぬなど。心臓に障害を起こす虚血性心疾患など)などによるもの」
*2,「変死体」は「非犯罪死体や犯罪死体と言えないもの(自殺や病気や他殺などと判断できないもの。シートとロープで全身を巻かれていたり、非日常の場所に死体が置かれていたりなど)」
*3,「犯罪死体」は「他殺などによるもの」
*4,病院以外で亡くなり、明らかに病死や自然死でない場合に「変死体(=異状死体)(自宅で発見されることが多い)」となり、それを警察が犯罪性があるか犯罪性がないかを判断し、医師の立ち会いの下に死体見分や、検視や、検視後の監察医による司法解剖が行われ、「非犯罪死体」「変死体」「犯罪死体」に分かれる
*5,交通関係、東日本大震災による死者を除く


<<死者数(未成年の割合を含む)・自殺者数(未成年の割合を含む)・死体数>>

<2013年(平成25年)>

①『厚生労働省の人口動態統計』
⇒死亡数:1,268,436人
(全体→男:658,684人、女:609,752人)
(未成年→0歳:2,185人、0歳以外の未成年:2,988人)
(年齢不詳→528人)
⇒自殺者数:26,063人
(全体→男:18,158人、女:7,905人)
(未成年→男:379人、女:168人)
(年齢不詳→89人)

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
⇒自殺者数:27,283人
(全体→男:18,787人、女:8,496人)
(未成年→男:374人、女:173人)
(年齢不詳→123人)

③『警察庁の死体取扱状況』
⇒データなし


<2012年(平成24年)>

①『厚生労働省の人口動態統計』
⇒死亡数:1,256,359人
(全体→男:655,526人、女:600,833人)
(未成年→0歳:2,299人、0歳以外の未成年:3,252人)
(年齢不詳→547人)
⇒自殺者数:26,433人
(全体→男:18,485人、女:7,948人)
(未成年→男:401人、女:184人)
(年齢不詳→105人)

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
⇒自殺者数:27,858人
(全体→男:19,273人、女:8,585人)
(未成年→男:400人、女:187人)
(年齢不詳→158人)

③『警察庁の死体取扱状況』
⇒死体取扱総数:173,833人
(非犯罪死体→150,377人、変死体→22,722人、犯罪死体→734人)


<2011年(平成23年)>

①『厚生労働省の人口動態統計』
⇒死亡数:1,253,066人
(全体→男:655,526人、女:596,526人)
(未成年→0歳:2,463人、0歳以外の未成年:4,376人)
(年齢不詳→1,376人)
⇒自殺者数:28,896人
(全体→男:19,904人、女:8,992人)
(未成年→男:394人、女:189人)
(年齢不詳→139人)

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
⇒自殺者数:30,651人
(全体→男:20,955人、女:9,696人)
(未成年→男:418人、女:204人)
(年齢不詳→181人)

③『警察庁の死体取扱状況』
⇒死体取扱総数:173,735人
(非犯罪死体→152,299人、変死体→20,701人、犯罪死体→735人)


<2010年(平成22年)>

①『厚生労働省の人口動態統計』
⇒死亡数:1,197,012人
(全体→男:633,700人、女:563,312人)
(未成年→0歳:2,450人、0歳以外の未成年:3,387人)
(年齢不詳→638人)
⇒自殺者数:29,554人
(全体→男:21,028人、女:8,526人)
(未成年→男:343人、女:171人)
(年齢不詳→153人)

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
⇒自殺者数:31,690人
(全体→男:22,283人、女:9,407人)
(未成年→男:365人、女:187人)
(年齢不詳→196人)

③『警察庁の死体取扱状況』
⇒死体取扱総数:171,025人
(非犯罪死体→151,808人、変死体→18,383人、犯罪死体→834人)


<2009年(平成21年)>

①『厚生労働省の人口動態統計』
⇒死亡数:1,141,865人
(全体→男:609,042人、女:532,823人)
(未成年→0歳:2,556人、0歳以外の未成年:3,392人)
(年齢不詳→631人)
⇒自殺者数:30,707人
(全体→男:22,189人、女:8,518人)
(未成年→男:331人、女:181人)
(年齢不詳→191人)

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
⇒自殺者数:32,845人
(全体→男:23,472人、女:9,373人)
(未成年→男:358人、女:207人)
(年齢不詳→230人)

③『警察庁の死体取扱状況』
⇒死体取扱総数:160,858人
(非犯罪死体→144,316人、変死体→15,731人、犯罪死体→811人)


<2008年(平成20年)>

①『厚生労働省の人口動態統計』
⇒死亡数:1,142,407人
(全体→男:608,711人、女:533,696人)
(未成年→0歳:2,798人、0歳以外の未成年:3,643人)
(年齢不詳→536人)
⇒自殺者数:30,229人
(全体→男:21,546人、女:8,683人)
(未成年→男:347人、女:219人)
(年齢不詳→163人)

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
⇒自殺者数:32,249人
(全体→男:22,831人、女:9,418人)
(未成年→男:381人、女:230人)
(年齢不詳→224人)

③『警察庁の死体取扱状況』
⇒死体取扱総数:161,838人
(非犯罪死体→145,816人、変死体→15,038人、犯罪死体→984人)


<2007年(平成19年)>

①『厚生労働省の人口動態統計』
⇒死亡数:1,108,334人
(全体→男:592,784人、女:515,550人)
(未成年→0歳:2,828人、0歳以外の未成年:3,666人)
(年齢不詳→521人)
⇒自殺者数:30,827人
(全体→男:22,007人、女:8,820人)
(未成年→男:315人、女:187人)
(年齢不詳→164人)

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
⇒自殺者数:33,093人
(全体→男:23,478人、女:9,615人)
(未成年→男:339人、女:209人)
(年齢不詳→220人)

③『警察庁の死体取扱状況』
⇒死体取扱総数:154,579人
(非犯罪死体→139,645人、変死体→14,076人、犯罪死体→858人)


<2006年(平成18年)>

①『厚生労働省の人口動態統計』
⇒死亡数:1,084,450人
(全体→男:581,370人、女:503,080人)
(未成年→0歳:2,864人、0歳以外の未成年:4,039人)
(年齢不詳→521人)
⇒自殺者数:29,921人
(全体→男:21,419人、女:8,502人)
(未成年→男:381人、女:196人)
(年齢不詳→154人)

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
⇒自殺者数:32,155人
(全体→男:22,813人、女:9,342人)
(未成年→男:395人、女:209人)
(年齢不詳→266人)

③『警察庁の死体取扱状況』
⇒死体取扱総数:149,239人
(非犯罪死体→135,565人、変死体→12,747人、犯罪死体→927人)


<2005年(平成17年)>

①『厚生労働省の人口動態統計』
⇒死亡数:1,083,796人
(全体→男:584,970人、女:498,826人)
(未成年→0歳:2,958人、0歳以外の未成年:4,191人)
(年齢不詳→653人)
⇒自殺者数:30,553人
(全体→男:22,236人、女:8,317人)
(未成年→男:350人、女:206人)
(年齢不詳→188人)

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
⇒自殺者数:32,552人
(全体→男:23,540人、女:9,012人)
(未成年→男:382人、女:226人)
(年齢不詳→241人)

③『警察庁の死体取扱状況』
⇒死体取扱総数:148,475人
(非犯罪死体→134,419人、変死体→12,969人、犯罪死体→1,087人)


<2004年(平成16年)>

①『厚生労働省の人口動態統計』
⇒死亡数:1,028,602人
(全体→男:557,097人、女:471,505人)
(未成年→0歳:3,122人、0歳以外の未成年:4,283人)
(年齢不詳→659人)
⇒自殺者数:30,247人
(全体→男:21,955人、女:8,292人)
(未成年→男:340人、女:209人)
(年齢不詳→221人)

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
⇒自殺者数:32,325人
(全体→男:23,272人、女:9,053人)
(未成年→男:361人、女:228人)
(年齢不詳→288人)

③『警察庁の死体取扱状況』
⇒死体取扱総数:136,092人
(非犯罪死体→122,116人、変死体→12,448人、犯罪死体→1,528人)


<2003年(平成15年)>

①『厚生労働省の人口動態統計』
⇒死亡数:1,014,951人
(全体→男:551,746人、女:463,205人)
(未成年→0歳:3,364人、0歳以外の未成年:4,611人)
(年齢不詳→702人)
⇒自殺者数:32,109人
(全体→男:23,396人、女:8,713人)
(未成年→男:346人、女:222人)
(年齢不詳→237人)

②『警察庁の自殺統計原票を集計した自殺統計』
⇒自殺者数:34,427人
(全体→男:24,963人、女:9,464人)
(未成年→男:365人、女:248人)
(年齢不詳→296人)

③『警察庁の死体取扱状況』
⇒死体取扱総数:133,922人
(非犯罪死体→118,375人、変死体→13,770人、犯罪死体→1,777人)

[続きを閉じる]


web拍手 by FC2拍手ボタン

| 1,[年間統計]死について:死者数,自殺,変死体,未成年 |

[2014/11/22 01:18] | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://goldspirittheory.blog119.fc2.com/tb.php/128-c67a4829

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。